Homogenizing optics
ホモジナイザー
Cladding optics
クラッディング用
Welding optics
溶接用
Brazing optics with auto focus
オートフォーカス付ブレージング用
Optics for aluminum welding
アルミニウム溶接用
Cutting optics
切断用

多目的、モジューラー光学系

組み立て式で応用がきく – レーザーラインが提供する加工用の光学系がレーザによるアプリケーションの成功に不可欠な役割を果たしていることを、私たちのお客様によって繰り返し実証されてきました。

レーザーラインの加工用光学系はシンプルで簡単な組み立て式になっています。LLK-BやLLK-Dファイバー用の標準コネクター、コリメータ、フォーカスレンズなどの、極めて基本的な構成になっており、必要に応じて迅速な調整のためのレールシステムが保有されています。

付加装置は、センサーコントロールされ、安定性のある製造工程を提供します。これは永続的な製造工程で高品質を保つために大いに力を発揮します。ビームスプリッタキューブは、プロセスにおいての情報を収集するセンサーを統合します。パイロメーターは、放出される放射線により温度を監視し、レーザ出力や温度をコントロールします。CCDカメラにより、プロセスを安全にモニターで観察することができます。また、保護ガラスは引き出しのような構造で、クラッディング(肉盛り)や金属溶接のプロセスで、取り替えが難しい場所でも簡単に素早く交換することができます。