金属溶接の原理
金属溶接の原理
金属溶接の例
金属溶接の例
金属溶接のケーススタディ
金属溶接のケーススタディ

金属溶接

ダイオードレーザは、消費産業界の熱伝導溶接から、長さのあるチューブのシーム溶接まで、広い範囲の工業用金属シート溶接、大量生産の現場において使用されています。アルミニウムの吸収ピークに近い短い波長により、自動車産業界は、body-in-white(BIW)アプリケーションでのアルミニウム溶接の最適ツールとして高輝度ダイオードレーザシステムを選択しました。

キーホール溶接

励起Nd:YAGレーザに匹敵する輝度の実現により、10年前には考えられなかったファーバー伝送ダイオードレーザによるキーホール溶接も実現可能となりました。キーホール溶接は、発電機やトランスミッションのパーツのアプリケーションも含みます。