焼入れの原理
焼入れの原理
焼入れの例
焼入れの例
焼入れのケーススタディ
焼入れのケーススタディ

焼入れ

表面硬化技術は、費用対効果のよい材料や大きな機械的ストレスを受ける部品への使用も可能にします。

ダイオードレーザは、局所的な材料の硬化が可能なため、ストレスを受けるエリアのみに焼入れされます。 例としては、金型などのツールに使用されるスチールや鋳鉄などです。他の技術と比べ、ダイオードレーザの利点は、焼入れを行う輪郭に完全に焦点を合わせることができるという点です。