ケーススタディ

繰り返しになりますが、機密保持契約のため、詳細の公表は出来ませんが、基本的には、6軸多関節ロボットに基づいたシステムである。レーザビームは、ワークの範囲に柔軟に対応したオプティックファイバーによって伝送されます。ロボットは手首部分に容量距離センサーを有する切断用光学系がついています。これは、品質のために極めて重要であるノズル間隔を一定に保つためのものです。ロボットは輪郭に添って切断するために動きます。ホワイトボディのアプリケーションにおいて、精度が0.15mmであることが絶対必要条件です。レーザーと光ファイバケーブルを使用することで発生する、ロボットの手にメディアを送信するロボットアプリケーションもあり、レーザとオプティックファイバーの使用に問題がありません。