会社概要

材料加工向けダイオードレーザのリーディングカンパニーとして、レーザーラインの名はこれら技術の代名詞となっています。ダイオードレーザは世界中の製造プロセスで取り入れられており、その効率性と信頼性は多種多様なアプリケーションにて実証されています。

 

レーザーラインは、産業用材料加工向けダイオードレーザのパイオニアとして1997年にドイツで設立され、その後短期間のうちにマーケットでの技術リーダーとしての地位を確立しました。レーザーラインは現在も成長を続け、ドイツのミュールハイム−ケルリッヒの本社は最近新たに拡大されることとなりました。総面積は7,400 ㎡、そして工場のうちの1/5以上の面積がクリーンルームとなっており、今後の更なる発展の基盤となることでしょう。

技術リーダーとして

レーザ業界におけるムーアの法則のごとく、同じ直径のファイバーのビーム品質や最大出力は、1999年よりほぼ2年ごとに2倍になっています。この傾向を受け、レーザーラインもダイオードレーザの出力を上げることと、プロダクションおけるシステムの信頼性を高めるために力を注いでいます。様々な分野のスペシャリストやエキスパートが、革新的で技術的に優れた製品を生み出すために一丸となり、これが会社の成功に繋がっています。

会社理念:クリエイティブなアイデア

レーザーラインは信頼性の高い工業技術のイノベーションとして新しいアイデアを形にすることに焦点を当てており、これが高品質の製品を作り出す源となっています。

 

難しい加工条件下でも経済性と信頼性に優れたオーダーメイドのシステムソリューションを提供しています。