プラスチック溶接の原理
プラスチック溶接の原理
プラスチック溶接の例
プラスチック溶接の例
プラスチック溶接のケーススタディ
プラスチック溶接のケーススタディ

プラスチック溶接

熱可塑性部品のレーザ溶接は、超音波、振動、熱要素などの従来の溶接方法を補うことができます。低または中の出力レベルでこれは

ビームトランスミッション溶接プロセスと呼ばれ、例としては半永久密封溶接センサーやケーシングなど、自動車産業のサプライヤで使用されています。材料が一緒に圧縮される直前に接合箇所で可塑化する、新しいアプリケーションが確立されました。 

例として、家具の狭い密封表面、または、様々な産業の繊維強化プラスチック片(テープ)の加工のためにこの手法が材木産業で使われています。

ダイオードレーザによるプラスチック溶接


高い局所エネルギー入力のため、材料にダメージを与えることなく非常に素早くプラスチックが熱され、けばをつくることなく均一に溶接できます。経路の設定や温度測定システムは、溶接プロセスを記録して、その結果を高水準コントローラへと転送します。 コンポーネントの機能変化や溶接輪郭の新しいデザインやアイデアを柔軟にプログラムすることができます。

非接触の熱伝導レーザにより、特定の内部の振動に敏感なコンポーネントや複雑な電子機器にダメージを与えません。 
レーザの焦点に均一にエネルギーが行き渡るため、材料の過熱なく溶接でき、気孔形成を防ぎます。