プラスチック溶接の加工原理

ビームトランスミッション溶接プロセス

  • 広く使われている溶接プロセス
  • レーザは上部コンポーネント上部を透過
  • 下部で吸収
  • レーザエネルギーから熱エネルギーへの変化;材料が部品の上へ溶ける
  • ワークピースは断続的なクランピングの圧力で一緒にプレスされる
  • 凝結後の素早い強化
  • 2つの確立したプロセス:輪郭溶接と準同時溶接

利点

  • 高品質の溶接シーム
  • けば立たない
  • 半永久的に密封し、接合部分が見えない
  • 非接触加工のため工具摩耗がない
  • 再現精度が高い
  • 高速偏光(スキャナ)システムによるギャップブリッジング
  • CNCやロボットシステムにより扱いが可能
  • 有効性 99.5%