ブレージングの原理
ブレージングの原理
ブレージングの例
ブレージングの例
ブレージングのケーススタディ
ブレージングのケーススタディ

Brazing

ブレージングやフィラーワイヤーを用いた溶接に関連した加工は、金属部品の接合における現代的な技術です。ダイオードレーザは実質的にメンテナンスがフリーで、工業的大量生産での車体のコンポーネントのブレージングなどのアプリケーションに適しています。設置床面積の小ささ、機動性、高効率性、プロセスの安定性を兼ね備えるダイオードレーザはそのようなアプリケーションに最も適したツールと言えるでしょう。

自動車産業におけるレーザブレージング

高強度と熱影響エリアが小さいという要件に加えて特に高い要求は、外観として目に見える溶接シームではきれいな外観で作ることです。

よって、自動車産業におけるレーザブレージングは、外観の接合や車両の外部分(例えばトランクリッド、ルーフ、ドアやCピラー)に使用されます。

メンテナンスフリー

3シフトの生産における素晴らしい加工安定性と設備の高い可用性は、自動車産業において様々なアプリケーションで立証された技術であると称賛されているダイオードレーザによって申し分なく満たされる要件です。

ダイオードレーザは、30,000時間以上の操作と優れた効率により、ほぼメンテナンスフリーになるため、他のレーザ光源より明らかに優れています。それに比べてランプ励起Nd:YAGレーザは、およそ1,000時間毎にトレーニングを受けた人によってランプ交換を必要とし、相当なダウンタイムを要します。

省スペース

床面積の縮小は、新しい生産ラインをデザインする際に、ますます必要なものになりました。ダイオードレーザの一つの利点は、設置床面積の小ささです。そして、それは同等レベルにおける他のレーザが持つ占有面積のおよそ5分の1です。

コンパクトかつ強健であることは、機動的なダイオードレーザであること、全く新しいバックアップコンセプトを実現します。メンテナンス作業もしくは機械などの不調の場合に、レーザは簡単に交換することができます。

メンテナンスまたは修理は、生産ラインの生産停止を引き起こさないようメンテナンスエリアにて実施し、お客様またはレーザーラインのサービス要員によって、サービスへのより柔軟な対応を提供致します。