スタックマネジメント

レーザーラインは、各ダイオードレーザシステムの核心部や個々のダイオードが最大の信頼性を発揮できることを特に目的としています。とても厳重な評価基準や特別に開発されたテスト工程を、標準的に要求される以上に履行することで、基準をクリアしたダイオードのみを使用しています。

 

レーザーラインのダイオードレーザシステムは、レーザ素子の交換が必要になるまで30,000時間以上の駆動が可能です。これは5-7年分の生産時間に相当します。

事前対策にも関わらず、ダイオードレーザの突然死が起こった場合、レーザーライン独自の電子制御式のスタックマネージメントシステムが起動します。冗長コンセプトと自動システム調整により、レーザ出力の損失は数分内に補正されます。