インターフェース

すべてのダイオードレーザ発振器は、アナログやデジタルインターフェースを通じて外部制御システムに簡単に統合することができます。また、別のバス通信で工業製造ラインへの組込みができるゲートウェイがあります。フィールドバス通信の外部周辺機器として、レーザシステムのすべての情報が読み取り可能で、タスクコントロールのために使用されます。

 

と同様に、標準的なバス通信(プロフィバス、インターバス、デバイスネット、イーサネット、プロフィネット)では、

LDL、LDF及びマルチレーザシリーズの制御ユニットはタッチパネル式のLCD画面と拡張機能から構成されています。